ダイオードレーザーはケロイドの治療にも使われている

1995年に開業したレーザー治療・アンチエイジング専門のクリニックで、現在は東京、大阪、横浜の5カ所で開業しています。

美容皮膚科シロノクリニック 25万件以上の実績があり、グループ全体で135台以上のレーザー機器を持っていて、国内外の研究機関とも連携している美容皮膚科のエキスパートです。

ほかのクリニックではお手上げと言われたのに、シロノクリニックで治療できた人は大勢います。(2016年現在)

ケロイドの治療法

皮膚が傷付いた後などにできる赤みの強い盛り上がりのことをケロイドと言います。

手術痕やにきび痕にできることが多いのですけれど、特に原因がないのに突然ケロイドが現れる人もいます。

盛り上がりのある傷跡や肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)とも似ていますが、ケロイドとは治療法が変わります。

シロノクリニックの医師は、いろいろな症例を診てきていますから、正確に判断して最適な治療を進めることができるんです。

治療の手順は、炭酸ガスレーザーでケロイド部分をていねいに縮めます。ケロイドが縮んできたら、Vスターレーザーで赤みを消します。

同時に細胞レベルで新陳代謝を活性化させ、治療効果を早めるために低出力で低エネルギーのレベルに調整したダイオードレーザーを使います。

シロノクリニックの治療は痛くありませんから、小さな子どもでも安心して受けられます。


【New Topics】

乾燥肌は脱毛NGのサロンも、、キレイモでは?
いろんなエステサロンが脱毛を行っていますが、料金が安いのが魅力ですよね。 どこのサロンも驚くほど脱...

皮膚科なので医療レーザー脱毛ができる
医療機関でのムダ毛処理は費用だけでなく雰囲気の面で敷居が高いと思っている人が多く、処理の効率が高く...

ソプラノアイス脱毛は日焼けしていても大丈夫?
医療レーザー脱毛の技術もどんどん進歩していますよね。 医療レーザー脱毛と言えば「痛みがある」のが当...

インフォメーション
TOPPAGE  TOP 

menu


かてごり


RSS2.0